株式会社二ノ倉開発

menu

PAGE TO TOP

採石事業

二ノ倉開発の採石事業

二ノ倉開発では地球環境に配慮した砕石事業を行いつつ、お客様からのご要望に適切にお応え出来る体制を整えております。

1.地球環境に配慮した採石事業

地球環境に配慮した採石事業

採石事業は山林を切り崩し、その限られた資源を効率的に使用できるように加工する事業です。
数々の山林と向き合い、山林の恵みを享受する当社ではいつも切り崩す際に「またしっかりとした山を作りたい」という想いを胸に採石事業を行っております。採石を終えた山林は元に戻し、植林活動を展開、山林に新しく手を加えることで次世代へ素晴らしい山林環境を引き渡せるよう努めております。
また、二酸化炭素の排出量を極力抑えるためにも太陽光発電システムの導入や設備更新を積極的に行っております。


  • 地球環境に配慮した採石事業
  • 地球環境に配慮した採石事業
  • 地球環境に配慮した採石事業

2.多様な種類の骨材を取りそろえられる資源・設備

多様な種類の骨材を取りそろえられる資源・設備

当社で保有する採石場は良質な原石を多く含んでおります。
最高の採石環境を有する当社では、その原石を最大限有効に使用できるように豊富な商品群を数多くの設備環境下で生産しております。
特にスクリーニングスは関東圏内でも取り扱える事業者が少ない商品で、上質な原石と専用の大型設備が必要です。


二ノ倉開発の採石場

二ノ倉開発の採石場

二ノ倉開発の採石場はすべて都心から程近い神奈川県内にあります。
高速道路にすぐ乗れる立地を活かし、お客様のご要望に対し迅速に製品のデリバリーを行うことが可能です。
「必要な時」に「必要な量」を速やかにお届けすることでお客様の急な計画変更にもお応えできる柔軟な体制で社員一同お待ちしております。
急なご依頼もご相談ください。お客様がお困りになった際にご対応が出来るよう、グループを挙げて取り組んでおります。


採石製品一覧

  • 砕石4号
  • 砕石7号
  • スクリーニングス
  • 割栗石
  • 岩砕
  • 砂利

採石の流れ

採石を行う際にはそれぞれの工程をいかに効率的かつ安全性に配慮するかが重要です。
こちらでは二ノ倉開発の採石を行う際の流れと安全管理についてご紹介します。

剥土(はくど)
剥土(はくど)・起砕(きさい)

剥土とは、岩盤の上に覆い被さっている土や軟らかい石を取り除く作業です。 これらの土や石は、住宅や道路の造成用に使われたり、工場内で草木を埋めるために使われたりします。
岩盤の上の土を取り除いたら次は固い岩盤をダイナマイトで砕く起砕を行います。


破砕・選別
破砕・選別

運搬された岩石はプラントの投入口に入れられ、徐々にと小さく割られていきます。 破砕された岩石は、必要に応じた大きさにふるい分けされます。


積込・運搬
積込・運搬

起砕された岩石を、プラントと呼ばれる砕石製造工場へ運ぶ作業です。 この作業には、大きな油圧ショベルやホイールローダ、30トン以上もあるダンプトラックなどの建設機械が使用されます。


出荷
出荷

このようにして工場で製造された砕石は、工事現場やアスファルト工場、コンクリート工場へとダンプトラックで運ばれて行きます。




© 2016 株式会社二ノ倉開発 All Rights Reserved.